•  

最新SCANレポート:オープンソースの品質は本当に良くなったのか

2012年度版 Coverity ScanレポートではScanサービスで最もアクティブなオープンソースプロジェクト解析結果(6800万行のオープンソース)と、コベリティの顧客サンプルから得た3億8000万行の商用ソフトウェアコードの解析結果の詳細を掲載しています。

2012度版レポートの概要:

    ・オープンソースコードが商用コードに対して増加しているか
    ・AMANDA、Mesaを含む主要オープンソースプロジェクトが高品質を維持しているベストプラクティス
    ・主要オープンソースプロジェクトがDevelopment Testingの活用により21,000件のバグをどのように修正したのか
    ・なぜLinuxが品質のベンチマークであり続けるのか、等。

資料ダウンロード希望の方は右記からご登録ください